FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想通貨の今後に対する大まかな考察(第1稿)

さて、お題が仮想通貨の今後というものになったので今後についての考察をしたいと思います
なお、一応注意書きしておきますが、これは個人の所感です
実際そのような将来が来るかどうか、ご自身で情報を集めて考えてみる切欠となれば幸いです

1、バブルの終焉
現状では期待によって実体以上の価格が付いているものが多数あるように見受けられます
それらの仮想通貨が、格安の状態まで売られ焼け野原となる時が来ると考えられます
しかしながら、それは期待で膨らんでいた時価総額から実体ある実需を反映した時価総額へと以降するタイミングに来る一種の転換の合図であり、歓迎すべきものであると私は考えています



2、アルトコインの将来
ビットコインにライトニングネットワークが実装されればアルトコインは値が付かなくなるという人が居ます
しかし、私はそうは考えません
なぜなら、ブロックチェーンに対して情報を刻み込むというのは、どの仮想通貨でも共通の機能だからです
当然、今まで作られた仮想通貨は数千から数万あるため、全てが使われるとは申しません
しかしながら、ある程度の範囲内でアトミックスワップを実装しているものに関しては、データ辺りの記憶容量単価ベースで安定するのではないでしょうか
少なくても1メガバイトの記憶容量に対して1BTC近くの手数料を払って使用し続ける企業や個人が居ると私は思いません
しかし、改ざんされる事無くデータを保管するという用途に関して、パブリックチェーンにどれだけの需要が発生するかは未知数ですが確実に一定数は発生します
その為、買う値段によっては十分利益が出る見込みはあると私は考えています


3、ビットコインの将来
ビットコインに関しては無限に上昇し続けるという事は無いでしょう
しかしながら、ビットコインが上昇するのではなく、フィアットが下落するという可能性は十分あるのではないでしょうか
そうなった時に、仮想通貨の値段というもは予想が付きません
そもそも、フィアットに信用が無くなった時点で経済が滅茶苦茶になっており、仮想通貨を使用して買い物が出来るのかというレベルになっている可能性の方が高いです
なので、その場合は諦めるしかないと思います


4、仮想通貨を取り巻くサードパーティーの今後
さて、これに関しては、取引所のハッキングリスクを代表として、仮想通貨を内部システムとして利用する全てのシステムが問題を抱える事になります
例えば、銀行等は今まではATMから引き出す所を捕まえる、送金先の口座を凍結するという対策が取れましたが、仮想通貨を利用して利便性を高め、手数料を安くする反面、そういった従来の手法で防ぐ事が出来なくなり、犯罪リスクが飛躍的に高まる事になります
当然マルチシグ(複数の承認が無いと出金出来ないシステム)や、コールドウォレットの活用等で簡単には引き出されないように対策し、仮に引き出された場合でも一定額に抑えられるようにするでしょう
しかし、資金が抜かれる時は銀行の倒産が発生するレベルになる可能性があります、何よりそれらを運用するのがシステムを理解しているのかも怪しい銀行員なのですから、秘密鍵の重要性と言われてもピンと来ないでしょう(なお、秘密鍵の危険性と言われてピンと来ない場合、貴方も危険なので勉強しておく事をおすすめします)
その為、個人的には銀行が倒産しても保障される1000万までのラインで使う事をオススメしたいと思います
ちなみに、国内送金のみの全銀ネットであれば送金の相手を抑えられるので最悪の場合のリスクがある程度の範囲に収まるのですが、XRPを使用した場合は・・・

投げ銭用
kumacoin
KG52k2KHAyYFBtQJXme2sByqYGDa5E5364

ringo
RS3JvF49ESyVrcBwiPW3DUMCsBMSLxwdCq

bitzeny
ZgzrqwEPXQQLhK6vi4NDt2TwLjz7pChhSn

SHND
SSBtUHCKKiF7LY4jUxzow9GRBzXWpjEcZw
スポンサーサイト

初心者向け株式投資のすすめ(第1稿)

なにやらツイッタの投票で初心者向け株式投資っていうのが投票でトップになったので私の株式投資の考え方について書きたいと思います


株式投資をしてみたい、でも何をしたらいいのかわからない

そんな貴方はとりあえず、証券会社に口座を作りましょう

個人的にはオンライン取引出来る所が手数料が安いので良いと思います

ちなみに、私はマネックスを使ってます


そして、口座を作って入金してさぁトレードをしようとなった段階でどこの株を買ったら良いのか悩む事でしょう

個人的にはとりあえず、好きな会社の株を買ってホールドするのをおすすめしたいと思います

というか、初心者にデイトレードとかはっきり言って無理です

どっかの誰かが煽ったのに乗っかるかIRの内容予想して売ったり買ったりするだけですから簡単と言えば簡単なのですが、とてもじゃないけどめんどくさくてやってられません

なので、今後上がりそうな株とかはどうでも良くて好きな会社の株を買うのが一番です

ちなみに私はガンホーとかいうよくわからないゲーム会社の株買ってすっかり忘れてたらなんか大惨事になってた経験があります

そうじゃなければ、実利が大きいもの、例えばJRの株を買って優待券を貰うとか、イオンの株を買ってお買い物をお得にする事を考えた方が良いでしょう

株主優待を貰う為に繋ぎ売りをして権利獲得とかいう手法もありますが、基本的には情報が出回り過ぎて逆ザヤになる事もあるので注意が必要です

まぁ、今からだと災害があったら土建屋の株上がるから東南海とか首都直下とかが来る可能性を考えるとオリンピック後にオールインするか、葬儀屋あたりに振っておくのもありかもしれません

とはいえ、葬儀屋の優待券ってどう使えばいいか貰っても困るので微妙と言えば微妙ですが

後は、癌の特効薬を研究してる所とか、マツタケの栽培を研究してる所も当たれば大きいかもしれません

でもマツタケってあまりおいしくないよね


と、まぁ色々書きましたが、株は長期保有すれば必ずと言っていいほどプラスになるものなので、毎日の価格変動で一喜一憂しない強靭な心を持つか、買ったのを忘れてしまうのが一番だと思いますよ

なんか突っ込み所があるので突っ込んでみたいと思う(第1稿)

http://zai.diamond.jp/articles/-/275851

>■「トラストレス」は美点だが、既存ルールとの折り合いは必要

(中略)

>しかし、ビットコインにそのような美点があることと、「だからそれが社会に受け容れられるか?」ということは、別問題だと思うのです。

>それがどんなに優れたものでも、既存の社会のルールと折り合いをつけてゆくことができなければ、メジャーにはなれません。.


さて、ここには異論はありませんと言いたい所ですが、まず1点

まず、「既存の社会のルールと折り合いを付けなければメジャーにならない」と述べられているが既に勘違いされているのではないだろうか?


法律とはそもそも、無制限に全ての事を行う事が出来るという人間本来の権利に関して制限を加えるものである

既に人が持っている権利に対して制限を加える場合、「立法事実」というものが大切であり「法律を制定する場合の基礎を形成し、かつその合理性を支える一般的事実、すなわち社会的、経済的、政治的もしくは科学的事実」(芦部信喜、判例時報932号12頁)とされている

つまり、一定以上メジャーになる事で、今までフリーだったものに関して制限を加える必要性が出て来て始めて法律等のルールにおいて制限しようという話になる

鶏が先か、卵が先かの話のように思われるかもしれないが、既に事実としてメジャーになってきている以上、ルールの方が受け入れるか否かを強いられているのであって、ルールがあるからメジャーになるという事では無い点について念を押しておきたい





>■完全無欠のスポーツカーでも無許可販売はダメ

>たとえば、狂おしいほど魅力ある完全無欠のスポーツカーを誰かが作ったとします。

>しかし、どんなにそのクルマが安全でも、陸運局からの許可を得ず、勝手に売り出したらどうでしょう?

>やっぱり監督当局から叱られるし、大部分の消費者は、それが魅力あるクルマだからこそ、ちゃんと許可を取得してから販売してほしいと思うはずです。

>つまり、仮想通貨クラスタは、ブロックチェーン技術がどのようなしくみで動いているかについては詳しいけれど、社会がどういうしくみで動いているかについては、よくわかっていないということです。


さて、ここでちょっと私には理解できない事が書かれている

例えば狂おしいほど魅力的なF1カーは陸運局に登録されているのだろうか?

サーキット等の私有地で走る事を目的としたレーシングカーが登録されているのは寡聞にして存じない

余程社会に関してはくわしいようなので、自動車製造、販売にどのような登録が必要で、関係法令は何なのかをお教え頂ければと思う

そして、インターネットというフリースペースで動いているブロックチェーンと自動車がどう関係するのかもご説明頂ければと思う


>■トラストレスの価値提案は弱い、と考える理由はこうだ

>トラストとは、「信頼」を意味します。

>そして、こんにちの社会は、みんなが安心して住めるよう、長い年月をかけて社会システムを構築してきました。

>つまり、今の社会は、全体的に見ればトラストは欠如していないのです。

>お店で紙幣を使って支払いすれば、それがニセ札か? と疑う商店主は、日本にはあまりいません。現在、社会は信頼から成り立っており、すでに、それは十分に機能しているのです。

>すると、トラストレスな状況でも確実に送金ができるという価値提案に反応するユーザーは、おのずとドラッグ・ディーラーやテロリスト・マネー、脱税マネーなど社会のルールを忌避する存在だけになってしまいます。

>仮想通貨クラスタは、もちろん自分たちのことをそんなふうには見ていないと思うけれど、世間はそういう目で見ているわけです。


さて、ここでトラストが欠如していないと筆者は述べている

日産、神戸製鋼、東レ、旭化成建材

複数の社名を並べたがこれらの企業を見たときにトラストが欠如していないと自信を持って述べられるのだろうか

これは一部の企業の不正だと述べるかもしれない

では、企業の会計に関して監査を入れる、第三者からの監視を必要としているという点に関してはどうだろう

私が考えるに、既にトラストによる社会というのは崩壊しており、第三者からの監視を必要とする状態に至っている

それが行き着く先はどこか考えた事はあるだろうか

「全ての人間がそれを監視することが出来る社会」

に行き着くのではなかろうか

つまり、現在トラストで動いていると筆者が述べた社会でも既にトラストレス化の流れは発生していると考える事が出来る



そして、「ドラッグ・ディーラーやテロリスト・マネー、脱税マネーなど社会のルールを忌避する存在だけになってしまいます」と述べている

しかし、それならば現金の方がよっぽど送金記録が残らず現物を渡すだけなので足が付かないだろう

そして、世間がそういう目で見ていると述べるのであれば、企業や政府といったものへ対する不信感が募っているのを無視してはいけない

結局は私がそう思う世間の目がとのべ世論の誘導を図る新聞社と同じ言葉遣いとしかいいようがない

分裂と税金の話(第2稿)

12月1日追記
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf
とりあえず上記URLを見てください
分裂時には価格が付いていなかったという見解を取るようなので、値上がりを見込むなら売却せずホールド推奨となります
以下の文章は記録として残しておきますが、国税見解が答えとなります



さて、ビットコインの分裂でさぞかし皆さん儲けていると思います

しかし、待ってください

その分裂で受け取ったもの・・・税金が掛かります

そんな事はない、税金は掛からないんだ!って主張される方はこの記事を読む必要はありません

しかし、税金が掛かるという前提の元で、考えられるリスクについて気になる方は読んでみると幸せになれる・・・かもしれません



最悪のシナリオを想定して、それより負担が軽ければラッキーで済みますが、負担が重ければ積む可能性があります

そして、最悪なシナリオなのでまず最悪なシナリオを考えましょう

初めに、分裂したBTCXを取引所から受け取ったとしましょう

そして、取引所で初値が90万円付いたとします

そこで1BTCXを受け取った貴方は90万円分の所得が発生したという扱いになる可能性があります

税金は売った時に掛かると思いがちですが、受け取った段階でまず税金か掛かると考えておきましょう

そして、現状の相場を見ると、大体初値から急降下します

例えば相場は10万円になったとしましょう

その時に、今後上がるかもしれないのでホールドしているとします

そのまま、年を越しました

そして、貴方は90万円分の税金を納める必要があることに気付きます

急いで売っても相場は10万円

しかし、税金が3割だったとしても30万

つまり、値上がりという欲に負けてホールドした結果マイナス20万円という事になります



そこで、何をすれば対策になったのかを考えましょう

初値が課税額です

しかし、相場が急降下しています

答えは簡単、一度売って課税額から下がった分を損確する事です

そうすれば、課税対象となるのは急降下した下の相場でなのでそこで売った額となります


あくまで、想定できる最悪なケースとそれに対する対策ですが、年を越すと大惨事になるので含み損を抱えている方は損確定して利益圧縮をしてみてはいかがでしょうか?

faucetの奨め(第1稿)

皆さんはフォーセットというものをご存知でしょうか?

知らない方もそれなりにいると思います

そこで簡単にフォーセットというものを説明したいと思いますが、いわゆる仮想通貨版のポイントサイトみたいなものです

その通貨を広める為だったり、広告収入を得る為だったりと色々な目的があったりしますが、大半のものはポイントサイトみたいなものでしょう

初期においては仮想通貨の特性を生かし、広告閲覧する度に支払っていくシステムでしたが、最近は手数料が高騰しているため、faucethub等の仲介するサイトを用いているようです

仲介するサイトではアドレスを登録しておくと、フォーセットから支払われたものを一定数集め、纏めて支払う事で手数料を浮かす事が出来るという寸法です(とはいえ、仮想通貨というものはマイクロペイメントにも使えるという話だったので本末転倒な気もしますが・・・)

そこで紹介するのがこのifaucet.netです

前述のフォーセットハブ等のマイクロペイメントサイトに登録したアドレスを入力しておくと、フォーセットのクリックしてから再度請求可能になるまでの時間管理と、ワンクリックで入力したアドレスをコピーできる優れもの

1回0.1円前後貯まるので暇なときにぽちぽちやると以外と貯まります

そして、貯めたのをクラウドマイニングに突っ込んで、最終的にどのくらいまで増えるのかという暇つぶし実験もしてみたいと思います

とはいえ、1日10円も貯まれば良いほうなのでどのくらいの資産になるかはわかりません

ポイントは、antbotの入力が面倒ではなく、支払いが多く、請求までの間隔が短いサイトを延々と回す事です

基本的にはソートの上のほうからいくつかだけ請求して、他の通貨を請求してを繰り返すのが一番貯まるのではないでしょうか?

ちなみに、このifaucetは紹介すると紹介された人が稼いだ分の一定数が紹介者に入る(フォーセットのデフォルト設定で紹介者報酬があるので恐らくそれですが)ので、登録してたまにぽちぽちしながら他の人を紹介していくのがおすすめです

稼いだものはHASHNESTあたりでハッシュをちょこちょこ買うのに使っていけば雪だるま式に資産が膨らんで・・・行くといいなぁ
 
現在の閲覧者数:
プロフィール

tanaka

Author:tanaka
2013年からのビットコイナーであり、初期からのリップラー、初期からのモナコイナーでもある
仮想通貨の利益を全部マイニングにぶち込んで焼け焦げている奴

このサイトでは収益化の為にマイニングプラグインや複数のPV広告を貼っております。
その為に問題が発生するようであればJS等のアドブロックを導入してください。

 
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。